全人口の5人に1人は70歳以上に!女性の高齢者人口は2000万人を突破!

公開日:2018年9月26日

敬老の日に合わせて国が発表した統計情報から、関連情報を紹介します。

目次

1.高齢者の比率は過去最高を更新!

「敬老の日」に合わせた総務省の統計によると、9月15日現在、65歳以上のご高齢の方は全人口の28.1%と、過去最高になりました。
特に、今年は65歳以上の女性が初めて2000万人を超えたとのことで、男女別では、男性は25.1%、女性は31.0%と、女性の高齢者比率の方が約5ポイント上回っています。
総人口は減少をしている中で、「団塊の世代」(1947年~1949年生まれ)が2017年から70歳を迎え始めたことから、これからは70歳代以上のご高齢の方が増えていくことが想定されます。

2.高齢者もネットショッピングも楽しむように

高齢者世帯(二人以上の世帯)のネットショッピングの利用割合は、2007年からの10年間で2.6倍(7.0%→18.2%)に上昇しています。二人以上世帯の全年齢では、2.2倍(15.7%→34.3%)に上昇しているので、若い世代の利用が多いと思われがちなネットショッピングですが、高齢者世帯でも利用が増えていることがうかがえます。項目別では、「医薬品・健康食品」の利用比率が、非高齢者世帯よりも高くなっています。

団塊の世代が70歳になり始め、これまでのおじいちゃん・おばあちゃん像とは異なるライフスタイルのご高齢の方が増えてくることでしょう。

参考資料
総務省統計局「統計トピックスNO.113 統計からみた我が国の高齢者―『敬老の日』にちなんで」

上へ