シルバーピュア横手

運営情報を確認する 印刷する ヘルプ
登録日 2013年03月19日 登録番号 0517116
更新日(5年更新) 2018年03月19日 情報更新日 2018年03月20日
1.サービス付き高齢者向け住宅の名称及び所在地
住宅の名称 (ふりがな) しるばーぴゅあよこて
シルバーピュア横手
所在地 秋田県横手市赤坂字館ノ下
利用交通手段 電 車: 線 駅から
その他: 横手南中学校より徒歩4分
住宅に関する権原 賃借権 期間 2014年02月01日 から 2039年01月31日
施設に関する権原 該当しない 期間
敷地に関する権原 賃借権 期間 2014年02月01日 から 2039年01月31日
問合せ先1 特定非営利活動法人ラ・シャリテ 理事長 大坂潤
電話番号: 017-739-6541
問合せ先2
電話番号:
2.サービス付き高齢者向け住宅事業を行う者
法人・個人の別 法人
商号、名称又は氏名 特定非営利活動法人ラ・シャリテ
住所 〒030-0113
青森県青森市第二問屋町三丁目三番三十一号
電話番号: 017-739-6541
法人の役員 役員を表示する▼ 理事長:大坂 潤(おおさかじゅん)
理事:上川原 敏雄(かみかわらとしお)
理事:東 慎治(あずましんじ)
理事:川浪 美加子(かわなみみかこ)
理事:山中 博弥(やまなかひろや)
理事:川崎 智基(かわさきともき)
理事:今 寿志(こんひさし)
理事:高橋 啓文(たかはしひろふみ)
理事:里舘 和正(さとだてかずまさ)
理事:立崎 紀明(たちざきのりあき)
理事:三上 義春(みかみよしはる)
法定代理人 氏名
住所
法人の役員 役員を表示する▼
3.サービス付き高齢者向け住宅事業を行う者の事務所
事務所の名称 特定非営利活動法人ラ・シャリテ
事務所の所在地 〒030-0113
青森県青森市第二問屋町三丁目三番三十一号
電話番号: 017-739-6541
4.サービス付き高齢者向け住宅の戸数、規模並びに構造及び設備
住宅戸数 31 戸 居住部分の規模(専用面積) 20.28㎡
共同利用設備 あり 構造 木 造
階数 2 階建 竣工の年月 2013年07月31日
加齢対応構造等 登録基準に適合している/エレベーターを備えている/緊急通報装置を備えている
4-1.専用部分の規模並びに構造及び設備等
住棟番号 専用部分
の床面積
(㎡)
構造及び設備 住戸数
(戸)
住戸番号 月額家賃
(概算額)
(円)
間取り


便




1 20.28 31 101 102 103 105 106
107 108 110 111 112 
113 115 116 201 202
203 205 206 207 208 
210 211 212 213 215 
216 217 218 220 221 
222
28000

※構造及び設備の「完備」とは、各戸に便所・洗面・浴室・台所・収納の全てを備えていることを表します。

4-2.共同利用設備等
設備等 整備箇所数 合計床面積
(㎡)
整備箇所 想定利用戸数
(戸)
備考
多目的ルーム 1 96.98 1階多目的ルーム 31 居間 食堂
台所 1 13.68 1階台所 31
談話室(1階) 1 12.54 1階談話室 13
共用トイレ 1 2.95 1階トイレ 31
談話室(2階) 1 15.49 2階談話室 18
洗濯室(1階) 1 3.51 1階洗濯室 13
洗濯室(2階) 1 2.89 2階洗濯室 18
5.サービス付き高齢者向け住宅の入居契約、入居者資格及び入居開始時期
入居契約の別 賃貸借契約 終身賃貸事業者の
事業の認可
認可を受けていない
入居者の資格 次の①または②に該当するものである

①単身高齢者世帯
②高齢者+同居者(配偶者/60歳以上の親族/要介護・要支援認定を受けている60歳未満の親族/特別な理由により同居させる必要があると知事等が認める者)
(「高齢者」とは、60歳以上の者または要介護・要支援認定を受けている60歳未満の者をいう。)

入居開始時期
(入居開始前の場合)
備考欄
6.サービス付き高齢者向け住宅において提供される高齢者生活支援サービス及び入居者から受領する金銭
高齢者生活支援
サービス
サービスの種類 住宅における提供 併設施設における提供の有無 連携・協力事業所における提供の有無
提供形態 ※1 提供の対価(概算・月額) ※2 詳細
状況把握・生活相談 自ら 約 6,480 円 詳細情報
食事の提供 自ら 約 35,640 円 詳細情報 × ×
入浴等の介護 提供しない 約 円 × ×
調理等の家事 提供しない 約 円 × ×
健康の維持増進 提供しない 約 円 × ×
その他 自ら 約 500 円 詳細情報 × ×
家賃の概算額 約 28,000 円
共益費の概算額 約 11,450 円
敷金の概算額 約 0 円 家賃の 0.0 月分
家賃・共益費・敷金に関する特記事項
前払金 ※3 前払金の有無 なし
前払金の支払い方式 ※4
家賃等の前払金の概算額 約 円
前払金を支払った場合の月々の家賃概算額 約 円
家賃等の前払金の算定の基礎 家賃:
サービス提供の対価:
返還額の算定方法
前払金の保全措置の内容
特定施設入居者生活介護事業所 指定を受けていない
地域密着型特定施設入居者生活介護事業所 指定を受けていない
介護予防特定施設入居者生活介護事業所 指定を受けていない

※1 「提供形態」欄は、サービス付き高齢者向け住宅事業を行う者がどのようにサービスを提供しているか記載されています。「提供しない」と記載されていても、連携、協力業者がサービスを提供している場合がございます。

※2 「提供の対価(概算・月額)」欄は、月額で設定されていない場合は、30日間利用した場合の想定金額が記載されています。

※3 前払金とは、契約期間中の家賃等の全部又は一部を、入居時に一括して支払うものをいいます。

※4 入居に際して、前払金の支払いが必須となるのか、希望に応じて前払方式または月払方式を選択できるのかが記載されています。

6-1.状況把握及び生活相談サービスの内容
提供形態 サービス付き高齢者向け住宅提供事業者が自ら提供する
サービスを提供する法人等の別 指定居宅サービス事業者
サービスを提供する者の人数 養成研修修了者 人員 2 人
合計 人員 2 人
常駐する場所 同一の敷地内
常駐する日 365日対応
常駐する時間 日中 06 時 00 分 ~ 20 時 00 分 人員 1 人
上記以外の時間 人員 人
毎日1回以上の状況把握サービスの提供方法 安否確認サービス・定期的に巡回し、事故、急病等の場合、緊急時対応サービスと同様な対応を行います。 毎日 1 回
緊急通報サービスの内容 提供時間 常駐する日 00 時 00 分 ~ 24 時 00 分
上記以外の日
通報方法 緊急通報装置
通報先 警備会社 通報先から住宅までの到着予定時間 6 分
サービス提供の対価(概算額) 月額 ※ 約 6,480 円 前払金 約 0 円
前払金の算定方法
備考 緊急対応サービス・急病に際し、各居室に配置された非常ボタンや携帯用緊急通報ボタンを押すことにより、日中は職員、また昼夜を通じて警備保障会社が敏速かつ的確に対応します。
生活相談サービス、日常の生活に関する相談をお受けいたします。その他、介護サービスに関しては、別途個別契約により提供を受けることができます。

※ サービス提供の対価の「月額」欄は、月額で設定されていない場合は、30日間利用した場合の想定金額が記載されています。

6-2.食事の提供サービスの内容
提供形態 サービス付き高齢者向け住宅提供事業者が自ら提供する
食事提供を行う場所 食堂
提供方法 提供日 365日対応
内容 3食
調理等 厨房で調理
サービス提供の対価
(概算額)
月額 ※ 約 35,640 円 内訳 朝食 378 円
昼食 378 円
夕食 432 円
前払金 約 0 円
前払金の算定方法
備考 1日3食1100円(税別)
入院等で長期(8日以上)に居室を空け、食事を食さない場合、1週間前までに申し出いただければ、日割り計算により8日目以降は精算いたします。

※ サービス提供の対価の「月額」欄は、月額で設定されていない場合は、30日間利用した場合の想定金額が記載されています。

6-6.その他のサービスの内容
提供形態 サービス付き高齢者向け住宅提供事業者が自ら提供する
提供方法 提供日 365日対応
内容 誕生日プレゼント、行事を行います。
サービス提供の対価
(概算額)
月額 ※ 約 500 円 前払金 約 0 円
前払金の算定方法
備考 誕生日プレゼントや、行事費として、毎月500円を徴収いたします。
入居者の方の心身の健康の維持及び増進を図るための行事を行います。

※ サービス提供の対価の「月額」欄は、月額で設定されていない場合は、30日間利用した場合の想定金額が記載されています。

7.サービス付き高齢者向け住宅の管理の方法等
管理の方式 自ら管理
委託する業務の内容
管理業務の委託先 商号、名称又は氏名 (ふりがな)
住所

電話番号:
修繕計画 計画策定の有無 あり
大規模修繕の実施予定 2024年 頃実施予定
その他計画的な修繕予定
8.サービス付き高齢者向け住宅と併設される高齢者居宅生活支援事業を行う施設
施設の名称 提供されるサービスの概要 事業所の場所
     
9.高齢者居宅生活支援事業を行う者との連携及び協力
事業所の名称 (ふりがな) 
事業所の所在地 〒 
 
電話番号:  
連携又は協力の内容  
10.登録の申請が基本方針(及び高齢者居住安定確保計画)に照らして適切なものである旨
基本方針に照らして適切である。